新型コロナウイルス・ワクチン接種に関する情報連絡会 設立発表会の開催について

 

令和3年3月3日に新型コロナウイルス・ワクチン接種に関する情報連絡会の設立発表会を開催致しました。
当会は新型コロナウイルス・ワクチン接種において、刻一刻と状況や課題が変化する中で、地方公共団体(都道府県庁、市区町村)・各種団体・ワクチン接種事業関連事業者にて情報共有体制を確立し、全国の自治体・住民・医療従事者を支えるためのデジタル技術を活用したスムーズなワクチン接種体制の構築を目指します。

設立背景と目的

自治体と企業とが協力し、ワクチン接種に関する予約システム・予診票データの国のシステムとの連携を模索して参りました。しかしながら、ワクチン接種に関する状況が刻⼀刻と変化するなかで、自治体間、自治体・企業相互の情報共有が、⼗分とは言い難い事態に陥っているのではないかと考えています。
このような課題に対応した情報共有体制を確⽴するため、ワクチン接種に関する情報連絡会を設⽴することに致しました。ワクチン接種に関する情報の迅速な共有、課題解決のための政府等との窓口を担って参ります。

概要

名称
  • 新型コロナウイルス・ワクチン接種に関する情報連絡会
対象
  • 地方公共団体(都道府県庁、市区町村)、各種団体
  • ワクチン接種事業関連事業者
参加要件
  • 1.すべての地方公共団体
  • 2.ワクチン接種事業に関連する各種団体、事業者
    ※ワクチン接種事業におけるLINEの活⽤有無は問いません
参加費
  • 無料
事務局

加盟状況

現在、自治体410団体、企業47社、また日本病院会をはじめとする各種団体にもご参加頂いています。

アイビーシステム株式会社、株式会社アローリンク、株式会社ウイン、エースチャイルド株式会社、株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング、株式会社近畿日本ツーリスト、株式会社ことあぷり、株式会社コネクター・ジャパン、株式会社サイシード、SAPジャパン株式会社、ServiceNow Japan合同会社、JPツーウェイコンタクト株式会社、株式会社JTB、株式会社シティツアーズ、株式会社スイッチスマイル、センコービジネスサポート株式会社、株式会社セントラルサービス、ソフトバンク株式会社、ソーシャルデータバンク株式会社、株式会社デジタルガレージ、東武トップツアーズ株式会社、凸版印刷株式会社、トランスコスモス株式会社、日本トータルテレマーケティング株式会社、日本マイクロソフト株式会社、株式会社日本旅行、株式会社ネオキャリア、hachidori株式会社、株式会社パソナ、株式会社FIXER、株式会社Phone Appli、プレイネクストラボ株式会社、株式会社Bot Express、株式会社ボットロジー、マーソ株式会社、モビルス株式会社、Ubie株式会社、LINE株式会社、LINE Fukuoka株式会社
(公表承諾企業のみ五十音順)

幹事、オブザーバーのご紹介

本会の幹事として早稲田大学 理工学術院 教授 宮田 俊男様、慶應義塾大学 医学部 教授 宮田 裕章様、アルフレッサ株式会社 代表取締役社長 福神 雄介様にご参加頂き、またLINE株式会社 執行役員(公共政策・CSR担当)江口 清貴も参加いたします。
加えて、本会のオブザーバーとして内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室にもご参加頂きます。

 

 

ご参加のお願い

引き続き本情報共有会へのご参加自治体、企業を募集しております。